ポーランドのこと ヨーロッパ旅行

【ヨーロッパで飛行機が遅延・キャンセル】最大600€もらえるEU261法で補償してもらおう

white british airways taking off the runway

ヨーロッパ旅行の飛行機を個人手配していると、フライト遅延・キャンセルが多すぎて、予定が狂うことがよくあります。

むち

急きょ手配した高額飛行機チケットや無駄なホテル代など、費用は全部自己負担!!!

せっかく事前にしっかり調べて格安航空券やお得なチケットで旅行を手配しても、補償がない場合は、飛行機を振り替えたことで最終的に費用がかなり高くなってしまいます。

さらに航空会社の窓口に問い合わせしても、混んでいると誰も電話に出ない・返事がないことはザラにあります。

むち

なにか補償してもらう方法はないん?!

実はヨーロッパで飛行機遅延・キャンセルした場合、EU261法で最大ひとり600€の補償がもらえるかも!?

泣き寝入りしないためにも「EU261法」の内容から実際の手続き方法まで、すべてを解説します。

むち

ちなみに私は、格安航空会社から家族4人分・合計2400€をゲットしたで〜

「EU261法」を使えるのは?

  • 遅延・キャンセルから半年以内の請求
  • EU域内での全フライトが対象(航空会社は問わず)
  • EU内からEU外への全フライト(航空会社問わず)
  • EUを本拠地に置く航空会社によって運行された、EU外からEU内へのフライト
  • 搭乗予定の45分前にチェックインを済ませていた
  • 飛行機の遅延・キャンセルを出発の14日以内に通知された
むち

以上に該当する人は、ぜひ請求してみてな!

\飛行機の旅には必須/

むち

いろいろめんどくさい人は、旅行会社にお願いするのが1番!

EU261法とは?

「All passenger rights」と呼ばれ、EU加盟国での飛行機の遅延や欠航に対し、乗客の権利が運賃の払い戻しや食事・金銭的補償などを受ける権利を保障する法律です。

遅延や欠航の場合、通常は振替便の無償手配や手数料なしでの払い戻しが一般的です。(※格安航空券除く)

さらにEU261法が適用されると、それらの対応プラス現金での補償金をもらえることがあります。

むち

補償が適応されるフライト条件

EU261法が適用されるフライトは、下の3パターンです。 (※特典航空券以外の無償航空券は対象外)

対象フライト

  • EU域内での全フライトが対象(航空会社は問わず)
  • EU内からEU外への全フライト(航空会社問わず)
  • EUを本拠地に置く航空会社によって運行された、EU外からEU内へのフライト

このフライトに該当する場合、EU261法の請求権利があるのでぜひ早めに請求しましょう。

【格安航空券】実際のEU261法の請求方法

ここからは我が家が実際に、格安航空会社SCOOTに請求した例をお見せします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログ村ランキング

ランキングに参加しているのでよければクリックお願いします♪ PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

むち

ポーランド在住の駐在妻。 食関連の仕事を長年していました! 家で楽しむ『食』と『酒』のこだわりを発信中。 真似してもらうとおうちご飯が格段に美味しくなります! たまにポーランドのこと、子育てのことも書いています。

-ポーランドのこと, ヨーロッパ旅行