りょうり 調理器具

【アイリスオーヤマ 低温調理器】|フードコンテナとリッドは必要か?

CAMBRO

https://roh-mh.com

我が家ではアイリスオーヤマ 低温調理器を愛用して、最近低温調理専用の容器「フードコンテナ」と「リッド」も購入しました。

低温調理の容器としては家庭にある鍋を使用するのが一般的ですが、専用のフードコンテナとリッドを揃えることでアイリスオーヤマの低温調理器が格段に使いやすくなりました。

むち

容器にまでお金かけるのはちょっとな〜家にある鍋でよくない?

結論からいうと、低温調理をするなら鍋よりもフードコンテナとリッドは購入した方が確実にいいです。

この記事では、フードコンテナとリッドを使うメリット・デメリットとともに他の容器を代用した場合も実際に検証していきます。

読むだけで確実にフードコンテナとリッドを購入したくなりますよ。

むち

断然おすすめは、CAMBROの角型フードコンテナとEVERIKのシリコンリッドやで!

この記事はこんな方におすすめ

  • 低温調理器に興味がある
  • 低温調理にいつもお鍋を使用している
  • フードコンテナの購入を検討している
  • おうちで美味しい料理を作ることが好き

むち

フードコンテナとリッドをそろえてから週一回は作ろうとやる気に満ち溢れたで〜

目次

【アイリスオーヤマ 低温調理器】家庭の鍋を使って低温調理する問題点は?

【問題1】食材を入れると鍋から水が溢れ出る

低温調理器は本体そのものに長さがあるため最低水位ラインに合わせて鍋に水を入れただけで、水があふれそうになることがよくあります。

まだ食材を入れていないのに、水が鍋からあふれそうになっては調理ができません。

irysoyama
本体は全長40センチと長いです
最低水位ラインとはこのことです

むち

それなら最低水位ラインギリギリに水を入れたらいいんちゃう?

それもいけません。

低温調理器の多くは、調理中に水が蒸発するなどして「最低水位ライン」を下回ると動作が止まるようになっています。

「調理中に動作が止まる」=「温水の温度が下がる」原因になり、食中毒リスクが高まることになります。

そのため、鍋にいれる水は最低水位ラインぎりぎりではなく、余裕を持った量にする必要があります。

実証:5Lの鍋を使用して最低ラインまで水を入れてみた

こちらは我が家で一番大きい5L鍋に低温調理器をセットし、最低水位ラインまで水を入れてみました。

水の高さは最低15センチ以上必要ですが、水だけですでにあふれそうになっていることが分かりますよね。

食材を投入すると確実に水があふれてしまいます。

少ない食材であれば大丈夫ですが、低温調理した食材はある程度日持ちするので一気に作りたいので、たくさんの食材を入れたいところです。

むち

5L以上の鍋があるならいいけど、家庭で持ってる人は少ないんちゃう〜

つまり、低温調理器をするための鍋はかなりの大きさが必要でなかなか家庭にはないということです。

【問題2】お湯の温度を一定に保つことが難しく、食中毒の恐れあり

低温調理は食材を入れているお湯の温度を一定に保ち、火を通して調理する調理法です。

鍋での調理は容量が狭く、お湯の攪拌(かくはん)が均一になりにくいため、鍋の温度を一定に保つことが難しく、食材の火の通りにばらつきがあり生の部分が残ることがあります。

※厚生労働省公式ホームページより引用

温度計を鍋に入れて温度をチェックしながら調理することも可能ですが、1時間以上かかる調理時間にたびたびチェックしに行くのは大変です。

この問題2点を解決してくれるのが、低温調理器専用フードコンテナとリッドなのです。

【アイリスオーヤマ 低温調理器】専用フードコンテナとはなにか

フードコンテナとは低温調理器をセットして使う専用の容器のことです。

深さがあり透明な容器のため、中の状態も見やすく食材をたくさん入れて調理することができます。

ちなみに「フードコンテナ」という言葉は食品を入れる容器のことなので、検索するとさまざまな形の商品が出てきます。

お湯を入れた様子です

【アイリスオーヤマ 低温調理器 】CAMBRO12クオートフードコンテナを選んだ理由5選

CAMBRO
※CAMBRO公式ホームページより引用

まずは1番おすすめCAMBRO12クオートを選んだ理由とメリット・デメリットを見ていきます。

むち

アイリスオーヤマ低温調理器なら、おすすめはCAMBRO12クオートフードコンテナやね

  • 食材をたくさん入れてもお湯があふれる心配がない
  • 赤字で目盛りが見やすくおしゃれ
  • 本体に取っ手が付いている
  • CAMBROのみシリコン製の専用フタがあり、水の蒸発やゴミの混入を気にせず調理できる
  • キャンプグッズとして使える

\リッドは別売り、ご注意を!/

1. 食材をたくさん入れてもお湯があふれる心配がない

12Lと容量に余裕があるため、たくさんの食材を入れてもお湯があふれる心配がありません。

CAMBRO12クオートフードコンテナを使用して、低温調理器の最低ラインまで水を入れるには、5L以上のお水が必要です。

むち

水の量は多いけど、5Lの水が余裕で入るフードコンテナやから食材もたくさん入るよな〜

上記の写真のように、1枚100g程度の鶏胸肉を2枚入れたジップロックを入れてもまだ余裕があります。

2枚鶏肉を入れた袋があと3袋は余裕で入りそうですよね。

せっかく低温調理をするのであれば日持ちもするため、たくさん一気に作りたいところですね。

2. 目盛りが見やすくおしゃれ

CAMBROのフードコンテナは目盛りが赤のため、透明の目盛りの他社フードコンテナと比べて、見やすく使いやすいです。

一目で水の量が分かります

やはり少しの工夫でも、使いやすい調理器具がいいですよね。

調理後のお水(お湯)の使用方法

CAMBRO12クオートフードコンテナは大きいので使う水も多く、調理後のお水がもったいないですよね。

我が家では、調理終了後に食器洗いの水として残ったお湯を再利用しています。

ジップロックに入れた材料を茹でただけのお湯なので、汚れもなくきれいです。

さらにお湯なので食器の汚れも取れやすく、便利ですよ。

3. 本体に取っ手がついている

本体に取っ手がついていることで、調理中や調理後の水を入れた場合も持ち運びやすく使いやすいです。

Cambro

他のフードコンテナは取っ手がなく、あるのとないのとでは使いやすさが異なります。

4. キャンプグッズとしても使える

フードコンテナは元々キャンプ用品として生まれたものです。

我が家はキャンプ時に、切った野菜やお肉をビニール袋に入れ、ひとまとめにしてフードコンテナに入れて持っていきます。

業務用フードコンテナとして発売されたCAMBROは丈夫で、軽くてキャンプにも使い勝手がいいです。

キャンプ場では、フードコンテナに水をくんで使用しています。

【CAMBRO12クオートフードコンテナ】有名フードコンテナとプラスチックケース3選と比較

ここからは人気のフードコンテナ2点とプラスチックケースをご紹介します。

どれもフタ付きでCAMBROよりは安くて買いやすいですが、比べるとやはりCAMBROがアイリスオーヤマ低温調理器の容器として最適なことがわかります。

タイトル商品名価格容量目盛りの色アイリスオーヤマ 対応フタ
cambro
CAMBRO12クオートフードコンテナ¥4,00012L対応なし
Elikliv
Elikliv角形フードコンテナ11クオート¥5,60011L透明✖️あり
sandoo
Sandoo角型フードコンテナ¥4,00011L透明対応あり
asubel
アスベル キッチンボックスウィル¥1,9009.8Lなし✖️あり

むち

アスベルのキッチンボックスは収納用でもともとフードコンテナじゃないよ〜

【Elikliv】 角型フードコンテナー11クォート

Elikliv

リッド付きでお得ですが、フードコンテナのフチが分厚いのでアイリスオーヤマ低温調理器本体をセットすることができません。

【Sandoo】低温調理器専用フードコンテナ角型

こちらも専用のリッド付きです。

sandoo
Eliklivのフードコンテナとよく似ています

Sandooのフタの穴のサイズとフードコンテナのフチの厚みは、アイリスオーヤマ低温調理器にも合います。

むち

でも結局この3つが気になってSandooは購入しなかってんな〜

  • フタがプラスチックで使いにくい
  • 持ち手がなく、水を入れた本体を持ち運ぶ時が大変
  • 目盛りが透明で見えにくい

\アイリスオーヤマ低温調理器にもサイズは合うフードコンテナ/

アスベルキッチンボックス ウィル9.8L

asubel

こちらお米の保存用や収納用のプラスチックケースですが、耐熱性もありフードコンテナの代用になります。

使い勝手など、下記に検証しているので詳しく見ていきましょう。

【低温調理器専用フードコンテナ】フードコンテナの代用品を検証

今までフードコンテナを詳しくみてきましたが、本当にフードコンテナで低温調理をしないと不便なのでしょうか。

むち

フードコンテナは低温調理の容器にしてはどれも高いから悩むわ〜

ここからは代用品を使用して低温調理をする場合を実践していきます。

1、プラスチックケースを使用(アスベルキッチンボックス)

asubel

アスベルキッチンボックスは収納用のプラスチックケースですが、サイズ感は低温調理器の容器としてぴったりです。

実際に5Lの水を入れてアイリスオーヤマの低温調理器をセットしてみました

プラスチックでも耐熱温度も110度のためお湯でも溶けることはなく、深さ17センチ・水量も9.8リットルで問題はありません。

むち

あとはフタさえ閉まれば問題ないよね〜

付属のアスベルキッチンボックスのフタに低温調理器をセットする穴を開けてみた

ハサミで切ろうとしましたが...硬すぎます。

到底穴が開くとは思えません

プラスチック容器にハサミで穴を開けることはできず、プラスチックを切る場合は専用の器具が必要でした。

家にあるもので代用したいのに、穴を開ける工具を新たに買うのはもったいないですよね。

もしハサミなどで穴を開けれても、プラスチックの断面が割れたままのフタを使っていて調理中のお湯に破片が入ると危険です。

むち

無理やりこじ開けた穴があるフタを使いのはカッコ悪いよな〜

やはり、フードコンテナはプラスチックケースで代用せず、専用のCAMBRO12クオートフードコンテナを使用するべきです。

2、掃除用バケツを使用

バケツはお水を入れるもののため、低温調理の容器として使用はできます。

掃除バケツに食べ物を入れるのに抵抗があったため、コップで代用しています
食品がバケツに浮いています...
むち

この見た目はつらい....バケツは掃除だけで使いたいかな.....

私は低温調理器を購入するくらい料理が好きなため、調理過程の見た目もやはり重視します。

この記事を読んでいる方も、低温調理器購入を検討するくらい料理が好きな方ですよね。

やはりこれはNGではないでしょうか。

掃除バケツのフチに低温調理器を挟めない

バケツには必ずフチがついていますが、厚みがありすぎてアイリスオーヤマ低温調理器を挟むことが大変でした。

なんとか低温調理器を挟むことができても、調理後にふたたび取ることも大変です。

むち

調理後、取る時にフチが割れそうになったわ〜

以上からプラスチックケースやバケツを容器として低温調理できますが、とにかくスムーズに調理できないことが分かりました。

やはり低温調理専用のフードコンテナを使用することをオススメします。

【アイリスオーヤマ低温調理器】フードコンテナに専用リッドは必要か

Elikliv
このフタの部分をリッドと呼びます
EVERIE
CAMBRO専用はグリーンでシリコン素材です

フードコンテナとともに、リッドも確実に購入した方がいいです。

その理由をこれから詳しくみていきましょう。

低温調理器専用フードコンテナにリッドが必要な理由

下記3点の理由からフードコンテナには必ず専用のリッドが必要と考えられます。

  • フタをすることで水の蒸発が少なくなる
  • お湯が冷めにくく、低温調理中のお湯の温度が下がることを防ぐ
  • 低温調理器は電源付近で使用するため、まわりの物がフードコンテナ内に誤って落ちるのを防ぐ
むち

ところで家庭用の鍋を使って低温調理するなら鍋のフタを使えばリッドになるんちゃうん?

鍋に挟んだ低温調理器が邪魔になるので、かぶせることはできず鍋フタをリッドとして使えません、気をつけてください。

【CAMBRO12クオートフードコンテナ専用】EVERIEシリコンリッドとはなにか

このグリーンがリッドと呼ばれるものです

このグリーンのEVERIEのシリコンリッドはCAMBROフードコンテナ専用サイズの商品です。

CAMBRO12クオートフードコンテナには付属のフタがないため、別売りのフタが必要になります。

むち

専用商品だから確実にサイズが合って抜群の使いやすさやで〜

【アイリスオーヤマ 低温調理器 】EVERIE シリコーンリッドを選んだ理由5選

おすすめリッドはEVERIEのシリコンリッドです。

下記4点が購入の決め手になりました。

  • CAMBRO12クオートに合うフタはこれだけ
  • プラスチック素材よりも柔らかいシリコン素材は開けやすく、調理中に食材をチェックしやすい
  • 低温調理器を入れる穴のサイズがどのメーカーにも合うので、メーカー違いを買い替えても使える
  • おしゃれな見た目でキッチンに映える
むち

CAMBRO12クオートフードコンテナにはEVERIEリッドが専用でぴったりやわ〜

【アイリスオーヤマ 低温調理器】フードコンテナとリッド まとめ

アイリスオーヤマ低温調理器を購入しようとしている、または持っている方には、CAMBRO 12クオートフードコンテナと専用EVERIEリッドをおすすめします。

【CAMBRO 12クオートフードコンテナ】おすすめ理由5選

  • 食材をたくさん入れてもお湯があふれる心配がない
  • 赤字で目盛りが見やすくおしゃれ
  • 本体に取っ手が付いている
  • CAMBROのみシリコン製の専用フタがあり、水の蒸発やゴミの混入を気にせず調理できる
  • キャンプグッズとして使える

【EVERIE シリコンリッド】おすすめ理由4選

  • CAMBRO12クオートに合うフタはこれだけ
  • プラスチック素材よりも柔らかいシリコン素材は開けやすく、調理中に食材をチェックしやすい
  • 低温調理器を入れる穴のサイズがどのメーカーにも合うので、メーカー違いを買い替えても使える
  • おしゃれな見た目でキッチンに映える

専用フードコンテナとリッドもそろえて、さらに楽チンで美味しい低温調理器ライフを送りましょう!!

\低温調理器の新しい使い方/

にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ブログ村ランキング

ランキングに参加しているのでよければクリックお願いします♪ PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

むち

ポーランド在住の駐在妻。 食関連の仕事を長年していました! 家で楽しむ『食』と『酒』のこだわりを発信中。 真似してもらうとおうちご飯が格段に美味しくなります! たまにポーランドのこと、子育てのことも書いています。

-りょうり, 調理器具