調理器具

【栗原はるみ まな板 】丸いかたちのまな板は究極の使いやすさだった。

https://roh-mh.com

みなさん「まな板」にこだわっていますか?

包丁はこだわっている方が多いですが、まな板なんて別になんでも...とお考えではないでしょうか?

私は以前、「100均一のミニまな板」「安価なプラスチックの薄いまな板」「ヒノキのまな板」の3枚を使用していました。

しかし「100均一のミニまな板」と「プラスチックの安価なまな板」は、刃のあたりが悪く刃を痛めることがよくありました。

さらに切った時の手への衝撃も強いため、たくさん野菜を切るとよく疲れていました。

また、「ヒノキのまな板」は天然木のまな板は十分に乾いていない部分から腐食して変色したりとしっくりくるものがありませんでした。

そんな私が栗原はるみプロデュース丸まな板に出会い、まな板の重要性に気がつきました。

 

まな板を変えることで、断然毎日の調理もしやすくなります!

さらに栗原はるみさんプロデュース商品はおしゃれな見た目のため、インテリアとしても映えるキッチンになりますよ。

栗原はるみ ゆとりの空間

それでは早速商品を見ていきましょう。

この記事はこんな方におすすめ

  • 新生活を始める人
  • まな板の購入や買い替えを検討している人
  • 調理グッズが好きな人
  • 料理が好きな人
  • 栗原はるみさんファンの人

 

 

栗原はるみプロデュース 丸まな板の特徴

「男子ごはん」でおなじみの、栗原はるみさんの息子の栗原新平さんと国分太一さんも愛用しているまな板です。

※著作権の関係で顔は載せておりません。

まな板にしては高価ですが、それにも関わらずなんと累計55,000枚も売れています。

 

特徴はこちら

  • 丸い形でインテリアとしてもオシャレ
  • 裏表が2色のため、お肉・魚用と野菜用など用途別に分けて使用することができる
  • 1.3cmの程よい厚みで、食材を切った時の手に伝わる衝撃が少ない
  • 安心の国産
  • 抗菌作用があり清潔で、吸水性がほとんどないため雑菌が繁殖しにい

 

私は30cm中サイズと24.5cm小サイズを、すでに4年以上愛用しています。

日本への一時帰国時に日本の自宅でも使用したいので、海外住居用にも新たに同じ中サイズと小サイズを買い足し持ってきました。

日本とポーランド合わせて計4枚の同じまな板。

 

4枚もいるんか?! 確実にいるで!!!
むち

果たして、そんなにいいものなのでしょうか?

というわけで、早速、使用感と特徴の詳細を見ていきましょう。

 

丸まな板を使うメリット

丸い形

長方形のまな板に比べ、調理面が広く使いやすいです。

そのためまな板上部、切った数種類の食材を置いたまま、どんどん次の材料を切ることができます。

 

裏表が2色展開

裏表が2色で異なるため、お肉・魚用と野菜用など用途別に分けて使用することができます。

そのため、まな板をわざわざ2枚購入する必要がありません。

35cm大サイズと30cm中サイズは「ネイビー✖️白」と「マスタード✖️白」の二色展開にもなっていて好きな色が選べます。

24.5cm小サイズのみ「ネイビー✖️白」の展開です。

 

厚みがある

1.3cmという絶妙な厚みがあるため、硬い野菜なども切った時の包丁の抵抗が少なくまな板がキャッチしてくれる感覚があります。

この絶妙なこだわりと使いやすさが、料理研究家の栗原はるみさんがプロデュースする商品だと感じます。

普通の安価なプラスチックやかなり薄いまな板は厚みが少ない分、食材を切った時の手への衝撃が伝わりやすく、料理中に疲れてしまいがちです。

 

国産商品

安価なまな板は、中国産が多いです。

やはり毎日「口に入るもの」を切るまな板は国産が安心です。

 

抗菌作用がある

抗菌作用があることでいつも清潔に保てます。

殺菌剤は素材自体に練り込んでいるため、表面加工だけのものとは異なります。

また、まな板自体に吸水性がほとんどないように作られています。

このおかげで、使いこむうちに表面がすり減ったとしても、雑菌が繁殖しにくい作りにもなっているのです。

 

丸まな板を使うデメリット

食洗機不使用

デリケートな商品のため食洗機は使えません。

手洗い必須はやはり手間が少しかかるなと感じます。

 

重い

厚みがあるため、35cm大サイズで重量は1,154g、30cm中サイズで871g、24.5cm小サイズは602gと少し重たいです。

 

収納がやや難しい

丸い形で、かつ、厚みがあるため収納に悩みます。

私はずっと丸の部分をS字フックで吊って使用していました。

しかし、今や25cm小サイズも買い揃えるほど使いやすさに惚れ、2枚を使用しているので思い切って専用の収納も買い足しました。

このまな板立ても本当に便利です。

複数買い揃える方には是非同時購入をおすすめします。

丸まな板を長年使っているからこそ、あえてのデメリットも書きました。

しかし、デメリットよりも本当に使いやすい形とサイズ感で、メリットの方がかなり大きい商品だと思います。

 

代表的なまな板 3選との比較

100均一や安価なプラスチックのまな板

さくっと使うには安くて便利ですが、簡易的なサイズと薄いプラスチックなものが多く、調理しやすくはありません。

毎日の調理用にいいまな板を揃えて、簡易的に2枚目として購入することをおすすめします。

ヒノキのまな板

厚みは3センチ以上あり、ずっしりした重量があります。

また適度な柔らかさがあり包丁の刃のあたりもよく、食材が切りやすいのが特徴です。

しかし、濡れたものを乾かしているだけでは腐食が進みカビが生えることも。

定期的に削るなどのお手入れにかなり時間を要すことが難点です。

カッティングボード

オシャレな形が多いカッティングボードですが、食材をこのまま載せて出す演出用でもあるため調理専用ではありません。

2枚目以降のまな板として検討するといいと思います。

 

実際に栗原はるみ 丸まな板を使ってみた

どのサイズが一番使いやすいか?

我が家は小さい子供が二人と主人の計4人家族。

まだそこまで大量におかずの量は必要ありません。

また、赴任前に住んでいた日本の家もポーランドの家もキッチンはそんなに広くありませんでした。

そのため、35cm大サイズだとまだ我が家には大きすぎると考え、まずは30cm中サイズを購入しました。

30cm中サイズが非常に使いやすいです。

丸の形のためこのように上部に円にして食材が置けます。

玉ねぎとキャベツを切った後、人参も1本そのまま置いて調理するスペースがあります。

 

野菜の切り方が雑とか言わないでや。。。
むち

 

この丸い形は本当に便利です!

野菜炒めなどたくさん野菜をカットする場合でも、上部の使わない部分に食材を置いていくことで、横長の切るスペースは変わりません。

長方形の一般的なまな板と比べた場合も、イメージとしてこれくらい幅が異なります。

 

そのため野菜を他のタッパーやお皿に移しておく必要はなく、洗い物が増えずに調理できます。

今までの長方形のまな板では野菜を置くスペースがすぐになくなり、タッパーに入れて洗い物が増えていました。

その悩みも解決です!

 

汚れにくさは?

フルパワーで試しに、1,500回ほど人参をみじん切りをしてみました。

やはり多少は色移りします。

アボガドやカボチャを切った時も少し色移りはします。

しかし、ハイターを少しかけて放置しておくとすぐに完全にきれいな白に戻りますよ。

色移りがしそうな食材の時は、裏のネイビーかマスタードの面で食材を切ることをおすすめします。

また、1500回みじん切りをしても表面にほぼ傷はできませんでした。

 

3サイズ展開はまずどれを買うべきか?

まずは中間サイズの30cm中サイズを購入してもらいたいです。

 

大きすぎず、小さすぎず、丸まな板の良さを知るにはいいサイズだと自信を持って言えるからです。

サイズの違いによるおすすめは下記をぜひ参考にしてくださいね。

 

30cm 中サイズがおすすめの方

ポイント

  • 3〜4人家族で子供が小学生以下か低学年
  • キッチンがそこまで広くない
  • まずは丸まな板の良さを知りたい

 

 

35cm 大サイズがおすすめの方

ポイント

  • 大家族や食べ盛りのお子さんがいる
  • いつもたくさんの食材を使用して調理している
  • キッチンの広さに余裕がある
  • 大は小を兼ねるという発想を持っている

 

 

24.5cm 小サイズがおすすめの方

ポイント

  • キッチンのスペースが狭い
  • 一人暮らしの方
  • 自炊の頻度が高くない

 

少しの食材を切る時には小さいサイズのまな板は重宝しますよね。

 

我が家では、朝食は品目も少ないため24,5cm小サイズ、夕食作りには30cm 中サイズをいつも使用しています。

 

むち
ちなみに昼ごはんは一人やし、あまりもので済ますやから意地でも作らへんでw

 

調理器具は自分のライフスタイルに適したものを購入すべきです。

ストレスなく調理ができても、アイテム自体が邪魔になる大きさだと良さも半減します。

自分に合ったサイズを検討してみてください。

 

みなさんも使いやすい調理器具を揃えて、ストレスの少ない楽しい料理ライフを送りましょう!

にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ブログ村ランキング

ランキングに参加しているのでよければクリックお願いします♪ PVアクセスランキング にほんブログ村
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

むち

ポーランド在住の駐在妻。 食関連の仕事を長年していました! 家で楽しむ『食』と『酒』のこだわりを発信中。 真似してもらうとおうちご飯が格段に美味しくなります! たまにポーランドのこと、子育てのことも書いています。

-調理器具

© 2021 むちぶろぐ -酒と料理とポーランド-